スポンサーサイト

  • 2018.05.02 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    梅雨入りしましたね

    • 2017.06.14 Wednesday
    • 15:51

     梅雨入りしましたね。この時期の屋外スポーツは大会運営などが大変です。明日のお天気よりも週末のお天気が気になる今日この頃です。

     

     先週末は川合新田杯でした。一昨年、昨年と優勝している大会です。できれば、上位に。もしくは3連覇をと思って挑んだ大会でした。

     一回戦は、大豆島少年野球さん。大豆島さんの強打の前に打つすべなし…。一回戦敗退となってしましました。なかなか、勝利に恵まれないわがチーム…。   さぁ。頑張っていきましょ。

     

     

     余談なのですが、最近、野球人口の減少が話題になっています。ここ若穂地区も例外ではありません。何より、わがチームも選手の減少で2チームが合併した経過があります。

     子どもが減っていること。子どもたちの選択肢が増えたことが大きな原因だとは思います。「男子は野球」「放課後はバットとグローブもって校庭集合!」なんてゆう私たち親世代とはちょっと環境が違います。(年齢がばれますか?)

     そこにプラスされるのが、野球って(特に少年野球って)保護者負担大きくない?という声。

     たぶん、楽ではないと思います。私も子どもが野球やりたいといった時、「おっとぉ!」と思いました。お仕事をされているお母さんは特に心配ですよね。土日は、たまった洗濯物、お部屋の掃除、これから一週間の買い物、平日少ない分子どもとの時間を取りたい、できればほっと一息つきたい。というのが、野球の応援に代わってしまったら、これいつやるの!って感じですよね。

     ですが、完ぺきではないにしろ、それらをやりこなして、野球の応援に行ってしまえるようになるのです。家では見ることができない子どもの姿を見るために。これは、野球だけではないと思います。スポーツをさせている親御さんみんなに言えることですね。

     最近では、保護者負担が少ないようにとご配慮くださっている指導陣のみなさんも少なくありません(わがチームも含め)。保護者会でも、いかに負担が少なく快適に選手も保護者も野球に打ち込めるかを考えています。また、「あんなに熱くなれない…。」とか「うまくほかの保護者さんとやっていけるか心配…」という声も聞きます。温度差があるのはしょうがないこと、感覚は人それぞれですから。それは強要しない。けれど、子どもに対する気持ちは共有できればなぁとは思っています。向かっている方向が一緒なので、意外とうまくいくものです。たくさんの野球ママ友、野球パパ友が増えるのも楽しみです。子どもが成長すると高校などで出会い、更に楽しみの一つにもなるそうです(先輩方から。)。

     すいません。長々と。今野球に打ち込んでいる子どもたちが、これからも続けていかれるかという心配があり書かせていただきました。野球どうしようかな?と思っていらっしゃる方がいればぜひ、大きな一歩をいかがですか?

     

    野球試合結果

    川合新田杯 一回戦

    対大豆島少年野球さん  7−1 負け

    フレンドリーシップ

    対栗田少年野球さん   6−7 勝ち!

    スポンサーサイト

    • 2018.05.02 Wednesday
    • 15:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする